クーラーの上手な使い方

Q.クーラーを使っても、こどもは大丈夫でしょうか?

A.一日中冷房の中で過ごすと、体温調節能力が損なわれて体調が悪くなることを心配して、暑くてもクーラーを使わないで我慢している方があります。

しかし、以下のような現代の住宅事情を考えると、冷房を一切しないということは難しいのではないでしょうか?
1.通常の住宅は冷暖房を使うことを前提に設計されている。
2.周囲が木立に囲まれて気温上昇が抑えられるなど立地条件の良い住宅よりも、地面やアスファルトが露出して、窓を開けても熱風が入ってくるような住宅が多い。
3.防犯上、窓を開けにくい。

暑い室内で我慢して過ごすことの問題は
1.あせもやとびひなどの皮膚のトラブルが増えやすい。
2.夏バテ、睡眠不足などの可能性がある。
3.最悪の場合、熱中症になることがある。

そこで、
1.炎天下の暑い時間帯はクーラーを利用する。
2.就寝時に使用する場合は弱めにしてタイマーを設定する。
3.朝夕の比較的過ごしやすい時は、窓を開けたり、扇風機を利用したり、散歩したりして、外の環境に体を慣れさせる。
4.扇風機を併用してクーラーを弱くで済ませる。

など、自宅の環境にあわせた工夫をして、上手に夏と付き合ってはどうでしょうか?


おひさまこどもクリニック 2008/06/20 改訂2008/07/28