ワクチン同時接種について


ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンなどの開始により、2−4本のワクチンの同時接種がよく行われるようになりました。

<長 所>
1.来院回数、接種期間、費用などの負担が少なくて済む。
2.ワクチン計画が立てやすく、必要なワクチンを早く済ませることができる。

<短 所>
ワクチンを混合せず、別々に接種するので、同時に何回も針を刺すことになる。

<不安に思われやすい点>
1.副反応が増えるのでは?
同時接種で副反応が増えることはありません。どんなワクチンでも副反応の可能性はあります。各ワクチンについて、単独接種でおこりうる副反応のリスクに応じて、同時接種でも副反応のリスクはあります。

2.副反応が起きたときに、原因がわかりづらいのでは?
そのとおりです。局所の腫脹なら原因ワクチンを特定できますが、発熱などの全身症状では特定できないことがあります。

3.本当に効果があるのか?
単独接種と同等の効果があると言われています。従来の三種混合ワクチンや麻しん・風しんワクチンは、もともと単独ワクチンを混合して製品化したものですが、十分な効果が得られていることも参考にしてください。


2010.9.25  おひさまこどもクリニック