●水分補給

■スポーツドリンク
こどもが病気になると、お医者さんに「水分をよく摂るように」とか「脱水に注意」とか言われますね。人間が生きていく上で水分は非常に重要なものです。脱水時の水分補給にスポーツドリンクが便利なので、よく利用されています。例えば下痢のときの水分補給に○カ○ス○○トを使う場合、厳密には治療用の経口補液よりも塩分が足りず糖分が多すぎるのですが、それでも水よりはましなので、「スポーツドリンクでもいいですよ」と、お母さん達に言うことが多いです。健康に良いイメージのコマーシャルも流れていますので、普段から、スポーツドリンクを愛飲しているこどもが珍しくありません。
しかし、健康なこどもにとって、スポーツドリンクを習慣的に飲むことは砂糖と塩分の過剰摂取になり、虫歯や生活習慣病の元になります。

■牛乳
カルシウムが豊富なので、牛乳をたくさん飲むと背が伸びる、水よりは身体に良いとの考えから、水代わりに牛乳をのんでいるこどもが珍しくありません。しかし、牛乳と身長は直接の関係はありません。牛乳の多飲は、カロリーの過剰摂取であり、特定の栄養素に偏って摂ることは偏食のひとつです。「陽だまり」も参照してください。

■清涼飲料水
炭酸入り、乳酸菌飲料、果汁入りなどなど多種類のものがペットボトルで販売され、飲みながら歩くこどもをよく見かけます。飲料として砂糖を多量にとると、血糖値の急激な上昇とそれに続くインシュリンの過剰分泌、そして、反動的低血糖という、血糖値の大きな変動を起こします。これは、人をイライラさせキレやすくします。同時に体脂肪も蓄積されます。また、水に溶けた砂糖は、固形食よりも虫歯を作りやすいです。悪いことばかりですね。

■普通の生活をしている健康なこどもに必要な水分は?
普通に食事がとれていれば、必要な栄養素は十分です。のどが渇いたら水またはお茶を飲めばいいのです。渇きのたびにカロリーをとれば、食事は美味しくありませんし、過剰なカロリーがまた渇きを生みます。さらに、糖分の過剰摂取が味覚を鈍化させますので、野菜などの微妙な旨みが分からない舌が育ちます。結果として、食事のバランスは悪くなる一方です。「空腹は世界一のおかず」となるように、意識することが重要です。


おひさまこどもクリニック