インフルエンザ治療上の注意



1.診断について
・周囲に流行があり、高熱および咳鼻水があり、関節痛その他の全身症状があれば、インフルエンザかもしれません。
・熱があっても機嫌や顔色が良ければ、翌日受診でも構いません。
・インフルエンザの検査は発症後48時間以内に実施することとされています。
顔色不良・呼吸が荒い・意識障害・痙攣などあれば直ちに受診してください。

2.抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ、イナビル)の使用について
・抗インフルエンザ薬を発熱後48時間経過後に投与開始した場合の有効性のデータはありません。
・内服薬のタミフルは10歳〜19歳には原則として使用しないことになっています。吸入薬のリレンザやイナビルは吸入できれば何歳でも使用できます。
・抗インフルエンザ薬を使用すると、使用しない場合に比較して平均で1日熱が早く下がると言われています。しかし、周囲へ感染力のある期間は短縮されませんので、集団生活に戻る前に必ず医師の診察を受けてください。
※抗インフルエンザ薬でインフルエンザ脳症を予防できるかどうか、よく分かっていません。重症化予防のため、10月〜11月のインフルエンザワクチン接種を推奨します。
※インフルエンザは元々自然治癒することが多い疾患です。体力があり全身状態が良ければ、全ての患者さんに抗インフルエンザ薬が必要な訳ではありません。乳幼児、高齢者、基礎疾患のある者、妊婦、その他免疫抑制状態にある者などがハイリスクとされています。

3.異常行動等について
幻覚、異常行動、意識障害などの精神・神経症状は、抗インフルエンザ薬使用の有無に関係なく報告されています。幻覚や異常行動が5分以内に改善する場合は一時的な熱せん妄と考えて経過観察でも良いです。痙攣や意識障害、15分以上続く異常行動などはインフルエンザ脳症の可能性がありますので、直ちに医療機関を受診してください。

屋外に走り出したり飛び降りたりなどの異常行動による事故に備えて、インフルエンザ初期の少なくとも2日間は、こどもを一人にしないようにしてください。
最低でも5日以上の安静が必要です。解熱後48時間(幼児は72時間)を経過しないと感染力が残っています。集団生活に戻る前に診察を受けてください。

4.一般的な治療法について
・安静と水分補給、「寝て治す」基本を大事にしましょう。
・咳、鼻水などの症状に応じた対症療法を行います。
・合併症を起こしていない限り抗生剤は無効です。解熱剤の使いすぎで悪化する可能性もあります。
・ご希望の方には漢方薬で症状を和らげたり回復を早めたりする治療法もあります。

【イナビル吸入粉末剤20mg】2012 年2 月改訂添付文書より
因果関係は不明であるものの、本剤を含む抗インフルエンザウイルス薬投薬後に異常行動等の精神神経症状を発現した例が報告されている。小児・未成年者については、異常行動による転落等の万が一の事故を防止するための予防的な対応として、本剤による治療が開始された後は、
1)異常行動の発現のおそれがあること、
2)自宅において療養を行う場合、少なくとも2 日間、保護者等は小児・未成年者が一人にならないよう配慮することについて患者・家族に対し説明を行うこと。なお、インフルエンザ脳症等によっても、同様の症状があらわれるとの報告があるので、上記と同様の説明を行うこと。

【インフルエンザ治療開始後の注意事項】 平成19 年2 月28 日 厚生労働省
万が一の事故を防止するための予防的な対応として、特に小児・未成年者については、インフルエンザと診断され治療が開始された後は、タミフルの処方の有無を問わず、異常行動発現のおそれがあることから、自宅において療養を行う場合、
(1) 異常行動の発現のおそれについて説明すること
(2) 少なくとも2日間、保護者等は小児・未成年者が一人にならないよう配慮することが適切であると考えられます。

【緊急安全性情報の指示】添付文書の改定 平成19 年3 月20 日 厚生労働省
【タミフルカプセル75】
1.本剤の使用にあたっては、本剤の必要性を慎重に検討すること。
2.10歳以上の未成年の患者においては、因果関係は不明であるものの、本剤の服用後に異常行動を発現し、転落等の事故に至った例が報告されている。このため、この年代の患者には、合併症、既往歴等からハイリスク患者と判断される場合を除いては、原則として本剤の使用を差し控えること。また、小児・未成年者については、万が一の事故を防止するための予防的な対応として、本剤による治療が開始された後は、
@異常行動の発現のおそれがあること、
A自宅において療養を行う場合、少なくとも2日間、保護者等は小児・未成年者が一人にならないよう配慮することについて患者・家族に対し説明を行うこと。なお、インフルエンザ脳症等によっても、同様の症状が現れるとの報告があるので、上記と同様の説明を行うこと。
3.インフルエンザウイルス感染症の予防の基本はワクチン療法であり、本剤の予防使用はワクチ
ン療法に置き換わるものではない。
※予防投与は全額自費診療です。

【タミフルドライシロップ3%】
1.本剤の使用にあたっては、本剤の必要性を慎重に検討すること。
2.10歳以上の未成年の患者においては、因果関係は不明であるものの、本剤の服用後に異常行動を発現し、転落等の事故に至った例が報告されている。このため、この年代の患者には、合併症、既往歴等からハイリスク患者と判断される場合を除いては、原則として本剤の使用を差し控えること。また、小児・未成年者については、万が一の事故を防止するための予防的な対応として、本剤による治療が開始された後は、
@異常行動の発現のおそれがあること、
A自宅において療養を行う場合、少なくとも2日間、保護者等は小児・未成年者が一人にならないよう配慮することについて患者・家族に対し説明を行うこと。なお、インフルエンザ脳症等によっても、同様の症状が現れるとの報告があるので、上記と同様の説明を行うこと。
3.インフルエンザウイルス感染症の予防の基本はワクチン療法であり、本剤の予防使用はワクチン療法に置き換わるものではない。
※予防投与は全額自費診療です。


おひさまこどもクリニック

PC用リンク
Wikipedia
医薬品・医療用具等安全性情報 No.202

インフルエンザ治療に携わる医療関係者の皆様へ
タミフル服用後の異常行動について(PDF)

2017/2/17(改訂7版)、2017/2/3 , 2017.1.13,2015.10.09, 2010.10.16, 2009.11.10 (2005.3.18初版)