インフルエンザワクチンQ&A(11版)


Q1.有効性はどの程度ですか?受ける意味がありますか?
幼児の有効率は50-70%、学童は60-80%程度といわれています。日本では生後6か月-1歳未満のデータはありません。米国では有効とされています。発症予防効果は不十分ですが、重症化予防のため接種が勧められています。喘息その他の持病や集団生活などのリスクがあれば積極的にお勧めしています。(厚生労働省HPより:乳幼児のインフエルエンザワクチンの有効性に関しては、報告によって多少幅がありますが、概ね20〜60%の発病防止効果があったと報告されています。国内の研究によれば、65歳以上の高齢者福祉施設に入所している高齢者については34〜55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果があったとされています。)

※アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、2018年シーズンのインフルエンザワクチンによる予防効果=有効率は全年齢で46%、17歳以下で61%でした。

Q2.インフルエンザ脳症を予防できますか?
脳症予防効果のデータはありませんが、インフルエンザの発病や重症化を予防することで脳症の予防が期待されます。

Q3.妊娠中、授乳中の女性でも受けられますか?
産科医に相談して妊娠経過が順調なら妊婦へも接種可能です。胎児および授乳中の乳児への影響は心配ありません。

Q4.いつ頃受ければいいですか?
血液中の抗体価は接種終了後2週間から有効レベルに達し5か月程度持続すると言われています。10月〜11月頃の接種をお勧めします。小児の接種間隔は2-4週です。できるだけ間隔を空けた方が抗体価上昇はよくなります。

Q5.12月など遅く受けた方が良いですか?
「効き目が3か月で切れると聞いたので遅く受けたい」という方がありますが、それは誤解です。毎年定期的に接種している場合、血液中の抗体は常に一定レ ベル以上が維持されますので、遅く受ける必要はありません。流行が始まってからは院内感染のリスクもあります。早めに余裕を持って受けてください。

Q6.毎年受ける必要がありますか?
ワクチンによる抗体価は徐々に低下すること、流行するインフルエンザウイルスの型は毎年変化することから、毎年の接種をお勧めします。

Q7.小児の2回接種は必須ですか?13歳以上は2回接種する必要はないのですか? 日本では厚生労働省により13歳未満は2回と定められています。同じく厚生労働省のQ&Aでは、WHOの見解では9歳以上は1回接種で良いと紹介されています。
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html#q20
米国のCDCの勧告では「8歳までは4週間以上の間隔をあけて2回、9歳以上は1回。ただし8歳までの小児でも過去に2回以上の接種歴があれば1回の接種で可」とされています。


Q8.受けてはいけない人は?
現在発熱している人や、あきらかに体調の悪い人、過去にインフルエンザワクチンで重い副反応があった人などは受けられません。その他の薬物や注射でアレルギーが出やすい人は医師と相談してください。卵アレルギーのある人でも受けられる場合が多いです。しかし、卵で重篤なアナフィラキシーショックなどを起こしたことのある人は医師とよく相談してください。

Q9.副反応は?
全身症状(発熱、悪寒、頭痛、倦怠感等)や局所症状(発赤、腫脹、疼痛等)を認めることがありますが、通常2〜3日中に消失します。過敏症として、接種直後から数日中に発疹・かゆみなどが見られることがあります。 まれにアナフィラキ シーショック、けいれん、喘息発作などが見られることがあります。


おひさまこどもクリニック
2007.11.12初版
改訂:2009.10.16、2012.10.2、2013.9.12、2014.10.30、2015.11.8、2016.10.16、2017.07.16、2017.12.15、2018.12.01、2019.09.18


平成30年度インフルエンザQ&A(厚生労働省)

小児へのインフルエンザワクチン接種回数が日米で異なる理由は?(Web医事新報)