離乳食と食物アレルギー


1.食物アレルギーとは
食べ物を食べることで、もしくは接触することで、直後から数時間以内に、口やのどの違和感、結膜炎、鼻炎、じんま疹、腹痛、嘔吐、下痢などの症状を起こすことです。

全身症状のあるものをアナフィラキシーといいます。

血圧低下や意識障害がみられるものをアナフィラキシーショックといい、生命の危険があります。


2.できるだけ食べさせることが大事
食物制限はアナフィラキシー予防が目的です。医学的根拠の無い素人判断で不必要な制限をして成長に必要な栄養素が不足する事にならないよう、注意が必要です。


3.食物アレルギーの頻度は?
日本の食物アレルギー有症率は、乳児10%、幼児5%、学童以降4.5%以下、全年齢の平均1-2%程度と言われています。


4.乳児の食物アレルギーの原因は?
乳児の原因食物は鶏卵56.5%、牛乳25.6%、小麦13.1%の順位で、これらの3大アレルゲンが95%以上を占めます。
3大アレルゲンによる乳児幼児の食物アレルギーは成長とともに改善することが多く、3歳までに50%、学童までに80-90%が食べられるようになります。


5.乳児の食物アレルギーとアトピー性皮膚炎
乳児の食物アレルギーの多くはアトピー性皮膚炎を合併しています。しかし、すべてのアトピー性皮膚の乳児が食物アレルギーを合併しているのではなく、ごく一部に限られます。
適切なスキンケアや薬物療法を行っても症状が改善しない場合、食物アレルギーが関係していないか検査することになっています。


6.適切なスキンケア
皮膚炎が悪化して来院される患者さんのご家族は、食物アレルギーを心配されていることが多いです。詳細な問診により、スキンケアが自己流で不適切と分かれば、食餌制限よりも適切なスキンケアを指導することで症状が改善する症例が多いです。

※最近の研究で、消化管から吸収される食物抗原よりも、炎症のある皮膚から侵入する微量の食物抗原が食物アレルギーの需要な原因であることが分かってきました。成人でも小麦タンパク質を含む洗顔石鹸が小麦アレルギーを起こした事件が話題になりました。スキンケアによって壊れた皮膚バリアを回復させることが重要です。



7.ハイリスクの乳児とは?
両親や兄弟に食物アレルギーがあればハイリスクとされますが、妊娠中や授乳中の、母親の食物制限は推奨されていません。
非常にまれですが、母親の食事内容によって、食後の授乳でアナフィラキシーを起こす症例があります。

※母乳にはお母さんが食べた食物の成分が分泌されます。母乳を通じて、赤ちゃんはいろいろな食品を食べる練習をしています。お母さんは制限せずにバランスよく食べることが大事です。


8.離乳食開始のタイミングは?
離乳食の開始は通常どおり生後5-6か月からで構いません。開始を遅らせることで、却って、食物アレルギーが増加するという報告もあります。


9.何から始めるか?
白米のご飯や加熱調理した野菜でアレルギーを起こす乳児は非常に稀です。育児書などに記載されているように10倍粥(おもゆ)から開始して、野菜、豆腐、魚、肉類と、徐々に進めていきます。


10.市販の離乳食に注意
上手に使えば便利な商品ですが、多種類の食品が混合されていものが多いため、もし、じんま疹などの症状がみられた場合、原因の特定が難しいことがあります。初めて食べる食品は手作りが安心です。


11.3大アレルゲンを与えるタイミングは?
食物アレルギーの家族歴がなく、アトピー性皮膚炎もないお子さんは、普通に与えましょう。家族歴があったりアトピー性皮膚炎の症状が目立つお子さんは、離乳を食開始する頃に検査の相談をしてください。


12.食品に含まれるアレルゲンの強さは?
通常の乳児用粉ミルクを飲んでいるお子さんは牛乳アレルギーではありません。弱い順に、食パン<ヨーグルト<チーズや粉ミルクや牛乳料理<牛乳です。

食パンやウインナーには卵の入っていない商品が増えていますが、必ず裏の成分表示を見て、内容を理解して与えましょう。弱い順に、ビスケット<卵ボーロやカステラ<アイスクリームや卵料理です。

小麦では、醤油はアレルゲン性が低く、弱い順に味噌<つなぎや衣<パンやうどんです。


13.食物アレルギーの検査は?
全員に検査が必要なわけではありません。診察の結果、食物アレルギーを疑う症状があり検査が必要と判断されたら、IgEと言われる血液検査を行います。
乳児では3大アレルゲン以外の多数の項目を検査する必要性は低いです。
またIgEだけで食物制限の必要性を判定できないませんので、検査データだけを鵜呑みにしないように注意が必要です。


食物負荷試験は実際に食物を使って、本当にアレルギー症状が出るかどうか調べます。ヨーグルトは食べられるけど牛乳は飲めないなど、食べられる食品を探すことが目的です。
少量でも明らかにアナフィラキシーの見られる症状の強いお子さんは検査そのものが危険で実施できないことがあります。
この検査には時間と人手がかかりますので、事前に予約が必要です。


14.最後に
食餌制限が必要なお子さんは一部であり、大多数は必要ありません。親御さんの不安を解消して、お子さんができるだけ多種類の食品を食べられるように、小児科医に相談してください。


2015.5.28

おひさまこどもクリニック