視力スクリーニング

小児の視力は6歳までにほぼ完成されます。
感受性の高い3~4歳の頃に治療を開始できるかどうかは予後にもかかわってきます。
そのため3歳児健診で視力検査が実施されていますが、
幼児の視力を客観的に評価することは難しいため、
機器を使用することにより短時間でより正確な検査が求められています。

当院では、ウェルチ・アレン社のビジョンスクリーナーを導入し
小児の視力異常の早期発見に少しでもお役に立ちたいと思います。

検査は簡単です。非接触で苦痛はありません。
薄暗い部屋でカメラのような機器をお子さんに10~30秒程度注視してもらえば完了です。
一般診察や健診のついでに検査しますので、検査料金は無料です。
※万一異常が発見された場合、眼科紹介などのため保険診療になることがあります。


2016年10月20日 おひさまこどもクリニック


WelchAllyn社