赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんの肌は傷つきやすいので、上手に手入れしましょう。基本は固形石けん(シャボン玉石けんなどの純石けんがお勧め)をよく泡立てて、手で優しく洗うことです。

■ベビーパウダー
空中に飛んだベビーパウダー粉末が赤ちゃんの目や気管支を刺激する可能性があります。また、汗などの湿気を吸って固まったベビーパウダーは却って不潔になる可能性もあります。

■顔のニキビ?
赤ちゃんは皮脂分泌が盛んなのですぐに毛穴が詰まって炎症を起こし、ニキビのようになってしまいます。これを乳児湿疹といい、とくに生後1-2か月までに多いです。予防は簡単、固形石けんをあわ立てて手で優しく洗うことです。少し洗ってはぬるま湯を含ませたガーゼで流すことを繰り返すと簡単です。赤く腫れてしまったら、1日2回洗って処方された軟膏を塗ると数日で良くなります。

■頭のカサブタ
頭に白く厚みのあるカサブタができることがあります。乾燥性湿疹の症状のことがあるので、診察を受けて処方されたローションを入浴後に塗ってください。

■シワの中が危ない
赤ちゃんは首、脇、肘、膝、股は洗い方不足になりやすい場所です。片手で赤ちゃんを支えてもう片方の手で洗うのはとても難しいのです。マットなどをお風呂に敷いて、お母さんの両手が使えるように準備して、シワを伸ばしながら石けんで洗ってください。

■耳に水が入ると中耳炎になる?
中耳炎は外から水が入ってかかる病気ではありません。少し耳に水が入っても拭いてあげれば大丈夫。怖がらずに洗いましょう。

■アトピーではないか?
生後1-2か月では診断を確定できません。まずはスキンケアをしっかりしましょう。生後3-4か月から疑いが出始め、6か月をすぎてもしつこい湿疹がある場合はアトピーかもしれませんね。予防は上記のスキンケアと、母乳育児をしっかり頑張ることです。

■診察が必要なかぶれは?
上記のように洗っても数日で良くならない、汁がでてジクジクしているなどの場合は診察を受けてください。

おひさまこどもクリニック